消費者金融の申し込みをキャンセルした時の申込者の信用情報

消費者金融の申し込みを途中でキャンセルした時、申込者の信用情報は傷が付きません。申し込みの段階では、キャッシングは利用しておらず、返済もしていません。ですので、信用情報センターに都合の悪いデータが掲載される事はなく、次のキャッシングやクレジットカード、ローンの申し込みに影響しません。

 

問題となるのは、キャッシングした後に返済できず、金融事故をおこした時です。消費者金融のキャッシングに借金があり、その借金を自己破産、任意整理、個人再生手続きで整理すると、利用履歴に傷が付きます。

 

クレジットカードであれば現金化、過剰なポイント目当てのカード利用です。規約違反に抵触する使用方法でも利用履歴に傷が付きます。悪質な顧客と見なされて、次の審査で通りづらくなります。

 

このケースで一番心配すべきなのは、申し込みを止めて、その後、すぐに他社に申し込む行為です。キャッシングやクレジットカードは連続で申し込むと信用に傷が付きますので気をつけてください。この行為がよく言われている申し込みブラックです。

 

キャッシングを申し込んで途中で止めても良いですが、すぐ消費者金融に申し込んではいけません。利用者側もある程度知識を身につけておく事で、自分の信用を守る事ができます。覚えておくべきです。
オリックスおまとめカードローン